スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Linking Notes投稿作品マイリスト

クラブ・サウンド・テクニック

新曲の進み具合ですが、歌詞がところどころFix出来てないのとソロの本録音が残ってるくらいです。
動画は半分くらい出来ました。今日中にもうちょっと進めたいところです。

2月のイベントといえばバレンタインデーですね!
動画投稿的に何か盛り上がりがあるんでしょうか。
バレンタインソングに埋もれたりしないようタイミングを計りたい。。

さて今日は前回ブログでちょっと触れた99シリーズについてちょっと。
書店のDTM/DAWコーナーでは大体置いてありそうなこのシリーズ。



中でも個人的にかなり発見が多かったのがこれ。クラブ・サウンド・テクニックです。
IMG_2827.jpg

私はバンド生演奏上がりゆえクラブ系の手法を全然知らなかったのですごく役立ちました。
DAWソフトが普及してきて、もうバンドサウンドそのまんまっていう曲はむしろ少数だと思うんですよね。
ロックな曲でもクラブサウンド感ていうのは必要な今日この頃。
オーディオ編集ってなんとなく演奏技術をごまかすテクニックなイメージだったのですが、
こんなのアリなんだ!っていう積極的な音作り手法が沢山載ってます。
アタマが柔らかくなりますね。

ジャズのアドリブで「間違えても3回繰り返せば間違いじゃなくなる」っていう都市伝説を聞いたことがあるんですが、ループサウンドって結構そういう側面がありますよね。
和声的にはNGな組み合わせでも、繰り返してるとなんか気持ちよくなってくる。リズムもまたしかり。
なんかそんなようなことを考えさせられた一冊です。
シンセやリズムマシーンのことも無知だったのでそこも助かりました。
そしてその影響が結構出たのが、記念すべき一曲目の「不正解レジスタンス」ですw

それとは逆にあまり発見が無く、まぁそりゃそうだよねって感じだったのが編曲テクニックですね。
IMG_2829.jpg

クラブ系が得意な人なんかはこの本結構良かったりするのかなぁ。
なんか広く浅くって感じです。作曲し始めの方なんかにはすごく良いかもしれません。
※とかいって読み返してみたら結構再発見がありました汗 それ忘れてたーってことも多かったです汗

こういう本ってだいたい最初は全部理解出来なくて、時間を置いて自分が成長出来たと感じた時にまた読み返すと新たな発見があったりしますよね。
人間が優れてるのは、「わからない」っていう状態をとっておけることだってTVで聞いたことがあります。
なんかわかんないなぁ、ってずっと思ってたことがあるとき「こういうことか!」って腑に落ちる時が嬉しいです。
アハ体験てやつですかね。

1900円となかなかのお値段ですが、色々出てるのでオススメシリーズかと思います〜


Linking Notes投稿作品マイリスト

この記事へのコメント

- スー - 2014年02月02日 22:12:02

こんばんわー。
このジャンルの書籍って結構なお値段しますよねー。
本屋さんなんかに行くとアレもコレも欲しくなるのを、ぐっと我慢して立ち読み派なのですが、こういったレビューがあると、書籍購入の参考になって助かります。買うとなると中々ためらうことが多いのでw

あ。そうそう、実はスターキャッチャーの6000再生を踏んだの僕でしたww
久しぶりに聴きに行ってみたら、偶然キリ番っていう。。
新曲も楽しみにしてますね。

Re: タイトルなし - Linking Notes - 2014年02月03日 14:41:54

スーさん
毎度ですー。
そう、高いんですよね地味に。専門書みたいなもんですから仕方ないのかもしれませんが。
一昔前に比べたら随分ハズレ本が減ってきた印象ですが、それでも微妙なのはやっぱりあるので立ち読みは必須ですよね。
私も何度も立ち読みしてから買ってますw

6000キリ番ありがとうございますー!さすがです!
新曲良い感じに進んでますので、今しばらくお待ちをー!!

トラックバック

URL :

投稿曲
Linking Notes投稿作品マイリスト

二次創作して頂きました
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

Linking Notes

Author:Linking Notes
イラストや動画でのコラボ、歌ってみた等の二次創作してくれる方歓迎です!ご連絡頂ければ製作用音源などご用意致します。

twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。