スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Linking Notes投稿作品マイリスト

マスタリングの全知識

久しぶりにブログのアクセス解析を見てみたんですが、何故か正月三が日のアクセス数が跳ね上がってました。
一体正月に何が起きたのか…気になる。
そして一月はほとんどブログを更新せずスミマセン。
別に毎回たいしたこと書いてないんですけど、とりあえず更新するって大事ですよね。
2月は新曲投稿確実なので今のうちから更新頻度上げていきたいと思います!

今日はマスタリングのお話です。
こんな本を買ったのです。マスタリングの全知識

IMG_2825.jpg 

マスタリングは自分でもずっと悩んでて、実際何すれば良いの?って感じだったんですが、この本を読めば一応一通りのことはわかります。
ぶっちゃけ今まで自分が聞いてきたことやネットとかで得られる情報とそこまで大差はなかったですけど。
でも結局プロの現場でもそういう当たり前のことをちゃんと丁寧にやってくってことが大事なんだなって印象でした。

サンプルCDではコンプの聞き比べが出来ます。
が、私にはもう全然…orz
でもマスタリングのビフォーアフターはすごかったです。
2ミックスいじってるだけなのに、エフェクターのかかり具合とかまで変わってて衝撃でした。

とりあえず一番実践しようと思ったことはミックスの段階で0dbを目指さないことですね。
音圧稼ぎは2ミックスで書き出したあとにやると。(著者は-6dbからマスタリング始めてました)
ミックス時のマスターにマキシマイザーぶっ込んではい終わりじゃやっぱマズいようです。

自分の製作過程を思い浮かべても、ミックスの時はバランスや前後感に重点をおいて、
音圧のことは後回しに出来るならすごいやりやすいなと思いました。

具体的な手法としてはコンプの複数がけ、EQのポイントあたりが即実践出来ますね。
WavesのV-compとかマスタリングに使っていいんだ!っていうのも発見でした。
気に入れば何でもいいんですね。

ちなみに著書の葛巻さんはミックスの本も出してます。これもかなり読み込んでます。
内容の濃さとしてはマスタリングの全知識よりかなり濃いのでオススメです。
コンプ=音圧稼ぎエフェクターってイメージの人多いと思うんですが、この本を読んでコンプ=音の前後感エフェクターってイメージに変わりました。


てかこの99シリーズ結構な数持ってますので、読んでみて良かったやつはまたブログで紹介しようかと思います。

更新頻度あげてかないとね!


Linking Notes投稿作品マイリスト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

投稿曲
Linking Notes投稿作品マイリスト

二次創作して頂きました
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
プロフィール

Linking Notes

Author:Linking Notes
イラストや動画でのコラボ、歌ってみた等の二次創作してくれる方歓迎です!ご連絡頂ければ製作用音源などご用意致します。

twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。